産後ケア
リカバリーハタ・ヨーガ インストラクター養成講座




産後ハタ・ヨーガとは?
妊娠・出産で大きく変化したココロとカラダを、ハタ・ヨーガを基盤にした産後バリエーションポーズでゆるやかに調整してゆきます。
激しく難しいポーズは、産後には負担が大きいため、ゆるやかで安全なメニューで構成!ママひとりでも、ベビーちゃんと一緒でも楽しめるヨーガです。
出産時は骨盤がゆるみ産道を胎児が通過できるよう大きく開きます。したがって産後は骨盤が弛んだ状態となり、カラダに負担がかかり、様々な痛みを感じることでしょう・・・
これらを根本から改善させるには、筋肉と骨格のバランスを取り戻すことが大切です。
不快な痛みから解消されることで、ココロも前向きに変化してゆきます。
産後のゆるんだ体は、腹背筋が落ち非妊時と比べ、カラダへの負担がかかっています。
疲労感が強くても、子育ては待ってくれません。産後は休息とあわせ、
エネルギーを回復させるバランスのいい運動も徐々に取り入れましょう。
ストレスや不安感を解消するには、気持ちのいい呼吸とヨーガのポーズが適しています。
心の奥深くにたまったストレスを燃焼させると、本来のピュアな自分に戻ることができます。ストレスはハヤめハヤめケアが必要、ヨーガはメンタル面調整作用も期待できます。
ストレスや疲労感がある時の呼吸は、浅く速い状態です。
逆にリラックスしているときは、深くゆったりとしたリズムになります。
これはココロの状態を反映していますから、簡単には修正できないと言われています。
ゆったりとした状態をとり戻すためには、産後ハタ・ヨーガの呼吸が適しています。
深い呼吸と同時にココロを内観してゆくことで、本来のリズムへ戻ってゆきます。
ヨーガはさまざまな現場で導入されています。長いスパンで母子のケアを目指す方は、
産後ハタ・ヨーガやベビーマッサージ、ベビーハタ・ヨーガに注目しています。
子育ての負担が母親だけにかかっている今の日本の現状・・・
子育ては家族、地域、社会全体で担ってゆくのが本来の姿ではないでしょうか・・・・
そのプロセスのひとつとしも、産後ハタ・ヨーガがお役に立てると信じてやみません。
いつからはじめるの?
経過が良ければ、産後2週間から頃より、呼吸にあわせ徐々体を動かし、
体力の回復と疲れをケア。
ウォームアップ〜基礎〜応用とカラダの状態を観察しながら進めて行くことができます。ベビーちゃんと一緒に楽しむことができますから、親子の絆が深まります。
カラダがかたくても大丈夫?
産後は、腹背筋が弛んでいますから、激しい動きやポーズは適しません、したがって産後は呼吸法を中心としたゆるやかなものが適しています。無理なく始められるカリキュラムで構成されています。
カラダの柔軟性は個人差がありますが、本来カラダのかたい人が、ヨーガには適しており、作用も感じやすいメリットがあります。時間をかけ徐々にバランスを整えてゆきましょう。
いメノポーズ(更年期) YOGAとしても
卵巣のはたらきは30歳ぐらいがピークに、その後ゆるやかにダウンしながら50歳前後で「閉経」を迎えます。
初潮からはじまり、妊娠・出産・閉経はごく自然な現象ですが、ホルモン変化の感じ方はさまざまです。
「そんなに大変ではなかった」という方もいれば「ものすごく辛い時期だった」と訴える人もいます。
メノポ―ズとはカラダがバランスを取りながらホルモン変化に対応しながら充実した人生を生きていくための準備期間です。
しかしこの準備期間は10年前後も・・・人生の大切な時間を、我慢するだけでなく、前向きに明るく過ごせるよう、自分に適した治療と運動を取り入れてゆきましょう。
ホルモンの減少は運動に注意
40代頃からは関節に負担をかけない運動が望ましいでしょう。
エストロゲン・プロゲステロンが減少することで関節は弛みやすくなり、骨盤が広がることでケガのリスクが高くなります。
この時期からでも骨や筋肉は鍛えることはできますが、関節に激しく負荷をかけると老化を促進させます。
一度痛めた関節は修復する事が難しいため40代からは運動の仕方、アプローチ法を見直すことも大切です。

リカバリー・ハタヨーガはゆるやかな有酸素運動です。深い呼吸法は自律神経系・ホルモン系のバランスを整える働きがあります。
辛い時期の女性の優しい味方になってくれることでしょう。
※上記は、あくまで感想であり、効果・効能を保障するものではありません。

整体理論解説資料請求講座申込

ページトップへ